忍者ブログ
22 December

恐怖の夏休み

最近ずいぶん成長したなと思う我が家の小さい人。

3歳9か月になってここのところ特に成長著しいのは、理解力と社会性。 彼女の幼稚園は少し変わっていて、子供の自主性でクラスを進行させるという、レッジェエミリアというイタリアの教育法を取り入れていて、レッジェでは先生がなるべく子供の自主性や社会性に関与しない、観察者になるという、クラスはこどもが中心で大人は補助という考え方。

今年の初め幼稚園が始まった当時は、これで本当にクラスとしてやっていけるの?3歳児や4歳児の自主性に任せて本当にクラス運営できるの?というくらい、見た目学級崩壊気味状態。乱暴で、体の一回りも二回りも大きな男の子に馬乗りになられて、髪の毛引っ張られたりしてるのをほうほうの体で逃げ回る我が子を見ては、ほんとに自主的にクラスがまとまる日が来るのだろうか、これは壮大なゆとり教育なんじゃないのか、などと心配になったりもしたのですが、 1年たって、これがまさに奇跡というくらい、素晴らしい集団へと成長し、先生がこどもに”命令”することなくとも、子供達は殆ど喧嘩したりすることなく、何か問題があっても子供同士で話し合って決めるという、こどもサイズの民主主義が出来上がったのをみて、本当に教育ってすごいな、と感動したり、3歳児に教えられたり。

それにともなって、我が家の小さい人にもついに自他ともに認めるアルマやマチルダという親友ができ、とにかく朝から晩までその子達の話をするようになり、とにかく学校を1日休むのも耐えられない、というほど幼稚園が好きに。

と、そこまでは本当に良かったのですが。問題は。。。夏休み。

チリの学校はあろうことか、夏休みが3か月近くもあって。うちの学校の場合は12月の半ばから3月半ばまでが夏休み。 とにかく寝ても覚めても学校大好き、毎週末がめんどくさいくらい学校学校とうるさいのに、3か月も学校がないなんて、これをどうやってどう乗り切るか、、、は数か月前から悩みの種。。。

でも結局答えが出ず、 なによりシステム的におかしいと思うんですけど、大人の会社がまるまる3か月夏休みがあるわけではなく、3か月子供だけが休みでも何もやることが無い。だから共働きの子の多くはtaller de veranoという夏学級に入れらることが多くて、これはその辺の保育園やスポーツクラブなどの施設が運営しているものなど様々。

去年は娘も前住んでいたラスコンデス地区の通わせていたハルディンのタジェールに行かせたのですが、これがものすごく、うちの娘には不評で、というのも、ハルディンも平常運転の時は色々考えられたタジェールをやったり、先生や子供も安定しているのですが、夏休みになると、先生もバカシオーネで休みだし、知らない子供がいたり、タジェールも単調で、こどもは喧嘩しっぱなし、、、、、という感じで。

何よりせっかく今の学校のこども中心的な教育方針が気に入っているのに、いわゆる普通のチリのハルディンに入れるメリットが、”預ける”以外に全くメリットが感じられないし。。。

せっかくの夏の3か月何かもっといい事をさせてあげたい。 とはいえ、一日中私と二人きりでは私が全く仕事ができないし、なにより3歳児とはいえ、今や大型犬より体力のある彼女を一日家に入れて置くわけにもいかず。。。

と、とにかく今年は去年の失敗を踏まえて、夏のタジェールはもう少し彼女のタメになるようなタジェールをと探してみたものの、サンチャゴ随一の日本人子女の通う幼稚園で夏のタジェールだけ空きがあれば参加させてもらえる、ということを聞いて、それも聞いてみるも、全然空きが無く×。

それならいっそ毎日水泳教室とか、スポーツ系のタジェールはどうだろう、と探してみたら、4歳からというところがほとんど。(うちの娘はまだ3歳9か月)

そうして悩んでいる間に、ついに学校が終わり、 魔の夏休みの始まり。 もうどうにでもなれ、と思ったところ、思わぬ誤算が。

 

その一つはプール。

チリのマンションにはプールがついてるところが多く、我が家も今回のマンションを選んだ時にはかなり高いプライオリティでプール付を希望しておりました。 というのも、サンチャゴの夏は半端なく暑い。日陰にいればそれほどでもないけど、ひなたはめっちゃ熱い。 で、何が一番困るかって、子供が遊べる場所がないのです。 秋や冬には公園で遊べるわけですが、どういうわけだか、サンチャゴの公園には木陰がないところが多く、あっても遊具に日陰がない。そうするとどうなるかというと、砂場も遊具も暑くて触れないくらいになってしまって。日中遊んでる子供なんていやしないんです。

かといってそのくせ市民プールみたいなのもほとんどない。 どれくらい暑いかって、昨日たまたまニュースで見たのですが、サンチャゴでひと夏?一日?に勝手に開けられてしまう消化栓(消防車が水を出すのに使う道に置いてあるやつ)が300-500もあるとか。サンチャゴには海がないし、遊べるような川もない、お金持ちの子以外はプールなんてものもない。そうすると消化栓を開けて勝手に噴水状態にして遊んでしまうそうで。 とにかくそれで膨大な量の水の損失だ、みたいな話だったような。プールつくってやれと言いたい。

とにかく、そういうわけで、親子連れが多いようなマンションには子供の遊び場やプールが付いているところが多いのです。

日本から来たばかりのころは、プールなんてぜいたく品いらないわ、と思ったんですけど、いやいや。プール。こどもがいたら非常にありがたい。 うちのマンションのプールはそれほど大きくはないし、水は冷たいし、それに大人用で深さが130くらいあるので、3歳児の遊び場としては全く期待していなかったのですが、このプールが夏の間マンション中の子供の遊び場と化すことがわかりまして。こども社交場状態。

毎日それこそ3歳児から高校生くらいまでひっきりなしに水遊びにふけっているのですが、マンションが小さいこともありみんな知り合いと言った感じ。 さっそく我が家の娘もデビュー。もちろんライフジャケット装着ですが、毎日、多い日には1日2回もプールに行くので、これで運動不足の心配は無用に。 あっという間にマンション中の子供達と知り合いになり、今では家を行きかう仲に。それからチリ人のお姉ちゃんたちは面倒見がいいので、泳ぎを教えてもらったり、真似している間に、なんだか飛び込んだりやたら泳げるように。特に2人の4歳児、双子の5歳児とは、毎日大騒ぎ。

それからもう一つは

プールのおかげで、お隣の4歳の女の子と大の仲良しになり、これまた朝から晩まで行ったり来たり、好きなように出入りして遊ぶようになり。 ほっておくと夜9時ごろまで二人で何かしています。 (夜9時ごろまでサンチャゴは明るいので、ついうっかりしてると)

なので、今年の夏休みはとりあえず、

午前中は工作やお手伝い、日本語であそんだりするママのタジェール 午後はプール とマンションの子と遊ぶ で、なんとか乗り切れるか、、、と思えてきました。 しかしそれにしても、身長100センチもないくせに、もうすぐ4歳児の体力は本当に恐ろしいです。

拍手[3回]

PR
26 October

今週のなんだかなあ

今週考えさせられた出来事のまとめ。


その1

ついに花粉症で蕁麻疹発生。

この花粉はかなりアタックが強いらしい。鼻のかゆみとかは日本の杉やヒノキの比ではないのだけど、のどが痛かったり、息苦しい感じ。
10月末までこの勢いが続くとなると結構苦しい戦いが強いられるかも。


その2

スペイン語の授業での出来事。
こっちは、前のスペイン語学校もそうだったけど、先生のエヴァルアシオン(評価)をするのが普通らしく、先週の授業の際にエヴァルアシオンの為の紙が配られたのだけど
今週早々の会話の授業で、先生が朝からどう見てもプチ切れている。どうも相当ひどい評価が書かれていたらしい。

私はそんなに文句を書くほどの文句も無かった気がしたのだけれど、どうも会話のクラスのテーマがくだらなすぎて会話のクラスに来る気が無くなる、と書いた人がいたようで。

だったら、なんの話がしたいのか?今ここで皆で話そう、と先生。
(そもそも先生も怒っても仕方ないけどね、、だってシラバス考えてるの彼女じゃないだろうし。。)

不穏な空気が流れ、学生たちも俯き気味。しかし、そこはヨーロッパの学生。中でも一番生意気な感じのいつも遅刻ばっかりしてきて、会話も全然上達していない彼女が

「だって、電話のかけかたとか、チリの食べ物とか、そんなの話しても意味ない。自分の友達とパステルデチョクロがどうだとか話さないし。あまりにくだらないから、授業に来る気が無くなる(あたしが授業に来ないのはあんたのせい)」

とバッサリ。それを追うように、アメリカ人の、これまたあんまり会話話せないじゃん!っていう男の子が
「自分もつまらないし、この学期終わったら辞める」とザックリ。

でも、私の目からみると、このレベルで動詞の活用だとか、代名詞の活用だとか、なんだとかそういう細かいところを勉強するには、簡単なトピックで勉強するしかないじゃん、と思うのだけど、しかもその簡単なテーマですら、知らない単語いっぱいあるし、、、と思ったのだけど
どうも、クラスのマジョリティは彼女たちの意見にまあ、賛成の様子。

で、じゃあ何の話がしたいの?と言われた彼女

「今度の大統領選の話とか(チリ)政治の話とか」とのこと。

確かに今は大統領選の話一色だろうし、そうでなくても、チリ人の学生って政治の話好きだし
でもその話し始めたらおそらくスペイン語の勉強にはならないし。。。しかしここで選挙の話がしたいという彼女があっぱれなのか。日本だったらこういうことはないなあと思ったりもし。なんだかなあ。


その3

店長の帰国に合わせて日本の通販に頼んでいた洋服が全然届かないので、なんかおかしいな、と思っていたらその会社から、民事再生法を申し立てているので、遅くなってすみません、みたいなメールが届いた。

レモールという通販で、子供服が安いし可愛いし、最初に友達にカタログ見た時には、アスクルやイケアを始めて見た時と同じようなショックを受けた会社。
南米とか進出したら売れそうなのにな~と思っていたりしたやさきの出来事で。
でも売れてないようには全然見えなかったし、この間老舗のフーセンウサギが倒産したという記事を見たばっかりだったので、どっちかというと1人勝ちしててもおかしくないのに、

ただ、たしかに物流とかコールセンターが酷いとか、発送が遅いとかメチャクチャ叩かれてたけど、それでも大多数のお客さんがあたし待つわ、いつまでもま~つ~わ というくらいの安さと可愛さだったのに。


むしろなんで潰れたのか不思議に思ったので、ぐぐってみたら、ナース用品でも全国シェアの約70%と高いシェアがあったのにM&Aを繰り返して企業規模を急速に拡大していたことで資金繰りが悪化したとのこと。

粉飾決算とデリバティブの失敗で倒産したんだそうで。。。

なんというか、、、

リアル半沢!?


なんだかなあ。本業良かっただけにもったいない。。。。

そしてレモールの一部を経営は盤石そうだけど、デザインも価格も残念で相変わらず魅力がないベルーナが買ったっていうのも、

なんだかなあ。。。なのでした。

拍手[1回]

17 October

花粉症

チリに来て一番良かった~と手放しで喜べたことの一つは

杉とひのきの花粉がないことで

日本では毎年杉が終わればひのき、ひのきが終わればブタクサと花粉症で休む暇もなかった私は


酷い時には、蕁麻疹がでたり、あやうく蓄膿になったのではと思ったこともあったので


とにかく、乾燥もしているので、カビも日本に比べれば少ないし、花粉、ダニ、カビ、埃アレルギーの私としては、日本よりその点に関しては楽にやってきたわけなんですが





でもどうもここのところ、


なんか、飛んでる。。。。なんか。。。。ううう。。。



という感じがビシビシしていまして、とにかく鼻が酷い。くしゃみがとまらない。のどが苦しい。
でもちょっと日本の花粉の感じとは違うんだけど、、空気の汚染ではないような、、、


で、今日スペイン語の先生に、なんか飛んでますかね、、と聞いたところ


"platano orientalっていうのが花粉アレルギーを起こすので有名”

というので、さっそく今調べたところ、これでした。




wikipediaより
http://es.wikipedia.org/wiki/Platanus_orientalis


すっごい、街中にいっぱいあります これね。。。。とほほ。。。。

ネットで調べてみたら、10月末までは窓を開けるな、って書いてありました。。。。


まさに今、サンチャゴ春全開。花粉飛びまくってます。

拍手[2回]

11 October

プレゼン大好き

私最近また懲りずに学校(スペイン語)に行きはじめまして


今回の学校は週に2回なのですが、大学のコースの一部になっているもので、まわりはみなさんピチピチとした留学生。半年が1学期、みたいな感じ。


で、そのクラスの中の私の頭痛の種が、そうです。プレゼンです。。。


留学やらしたことがなかったもので、よく分かりませんが

どうも日本以外の国では、プレゼンというものを学生時代に授業で行うのが普通らしく
自分の学生時代を思い起こすと、はて、そんなことをしたことがあったかどうか
全く記憶にないのですが

おそらく、生徒が40人もいる当時の日本の教育で、一人ひとりがプレゼンするなんてことはなかったのではないかと、いや、そんなことはやったことがない、一切ない。やってるはずがない。あったら大変なことになってたはず。


そうでなくても、私はとにかく人前で話すのが苦手で、どれくらい苦手かと言えば

●人の結婚式で緊張しすぎて(感極まったわけではなく)泣くぐらい
●教育実習に行って あわあわしすぎて、生徒に 「先生がんばって!」と言われたくらい
●ピアノの発表会で曲を忘れてひいてるうちに違う曲になり創作して最後に檀上で固まったくらい

。。。と枚挙にいとまのないくらいの苦手科目。


と、そういうわけで、プレゼン。

御題は、チリの音楽を選んで、その歌について調べる。そして皆の前で発表する、持ち時間3分、とか、内容だけだと軽い感じに聞こえるわけですが

実際いざプロジェクターの前に立たされた時点で、頭真っ白。あわあわしすぎて、何を言っているのか全くわからず。ましてやスペイン語なんてとほほほほ。
ま、でも本人はいつものダメ具合なのでそんなに落ち込んでなかったのですが。


しかし、今回酷かったのは、さらにその後のみんなのプレゼンを見た後。。。。

クラスの子の他の子のプレゼンが、なに、あなたたちスペイン語話せてるじゃん!?ってくらいペラペラと、素晴らしいプレゼン力。いつも会話全然話せてないのに、プレゼンだとスラスラってなにそれ!?ってかんじで。
あたしのプレゼンが幼稚園児だとすると、彼女たちは大学生みたいな。(ほんとに大学生だけど)

中にはパワーポイントまで用意して来る子も。3分どころか、10分くらい余裕で話してるし。



ぎゃあああ な、なに、、、、このなんか もう絶対追いつけない感。。。。


プレゼン前までは、それほど落ちこぼれてなかったのに、プレゼン後は完全に1人落ちこぼれてゆく私。。。。


あまりのダメダメさに、学校行くの嫌になりつつ

で、昨日授業の帰りに、一緒にグループプレゼン(今度はまた別のプレゼン・・)用意しているドイツ人の子に、いや、プレゼンっあんま日本ではやんないからさ、、、って泣き言を言ったら


「え?なにそれ?日本ってどうやってスコアつけるの?ドイツは普通あるよ。
 っていうかチリの大学プレゼンばっかであたし達はまたプレゼンかよ、みたいな!」

って逆に驚かれて。

はあ。なんていうか、これはなんとかやるしかないのか、やるしかないのか、、、

いっそ好きになれればいいのに。プレゼン。涙



と思ったら、今日チー様のコレヒオ行ったら、掲示板に、なんかみたことないこと書いてあるから、先生に聞いたら

「24日にChisatoのプレゼンやってもらいますから準備して。ちょっとでいいから、親子で テーマは骨ね~」


と言われ。



え。なに、3歳児のプレゼンって。なに親子同伴ってなにそれ。聞いてないよ。


つか、好きにも程があるでしょうよ!!!



と またもや ためいきをつくしかない母なのでした。

拍手[4回]

02 October

納豆

この間ずっと探していた有機大豆を手に入れまして


チリで大豆を買うと、ほぼもれなく遺伝子組みかえの可能性が大、であるということを、有機野菜の栽培クラスの先生や、チー様の学校のオルガニコパパ友などにも聞いていたので

ずっと有機大豆を探していたのだけれども

いつも行っている有機フェリアでもほとんど見かけたことなくて

何でも大豆というのは、チリでは作りにくい作物なんだそうで

生産量が少なくて、出回っているのは殆ど輸入物で、アメリカやらブラジルやらアルゼンチンやらで作っているのは遺伝子組換えばっかりなので

故に、チリで安く出回っているのは ほぼほぼ組変わっているとのこと。
(もしかして運が良ければチリ産で組変わっていない、という可能性もあるけれども)



チリでは遺伝子組換え作物はほぼまだ作られていないのだけれども
それでも輸入には規制がないらしく

且つ商品に遺伝子組換えを記載するという法律が整備されていないので

故に知らないとかなり組変わっている、ということになるらしい。



同じ理由で、チリで遺伝子組換え使っていない小麦製品というのは ほぼ ない。


パンも、パスタもほぼ組変わっていると思ってよくて、その配合がどれくらいなのかは知らないけれども、100%チリの粉であれば組変わっていないけれども

チリでは小麦がそんなに取れないので、主にアメリカから小麦(つまりGMO)を輸入していて

なので、どれくらいの比率かはわからないけどGMOが入っている。

そしておそらく、強力粉が多く入っているようなフワフワとかもちもちのパンの方が怪しい。(なぜならチリの粉は全体的にグルテンがひくめの気がするので)


これはパン焼きが趣味であった私が、有機の小麦粉を探し始めて気が付いたのだけど

有機の小麦粉はインテグラルと呼ばれる、粗挽きの粉ではあることはあるんだけど
いわゆる白い粉には有機はなくて、

白い有機の粉を探して製粉屋(molino)にメールしたり電話したりして問い会わせてみたんだけど
その時有機じゃなくてもいいから、組換えが入っていないのはないのか?って聞いてみたんだけど


そんなものはチリにはない、と言われたりして。


で、結局最近パンを焼いてない。焼くとどうしても食べちゃうから。

どっちにしてもチリでパスタやパンを100%食べない生活もできないわけで



でもだからこそなんとなく出来る限り家ではご飯を食べて抵抗したかったわけだけど




そんな我が家に、オルガニコ友達から有機大豆(輸入業務用)を分けてもらえることになり

業務用だから50キロ(つまり戻したら120キロくらいあるってこと!?)の袋で

というか50キロより全然重い気がするし、軽く人ひとり分くらいあるわけなんですけど

え?モアイみたいな感じで袋が自立してるんですけど?

サンドバックか力石かってくらいの感じですけど?


ってかんじで


店長に一目で

「あんたこれどうするの?」って聞かれたわけですけど



実際買うよ!っていって引き取りに行った時実物を見て

いやーこれどうしたらいいかな、、、はははと少し眩暈がしたんだけど




昨日1.5キロほど納豆にしてみたら(つまり3キロちょっとの納豆)



ちょっと 驚きの全然食べれそうな勢い。



一日かるく300gは食べてるし。


おそるべし納豆。旨すぎる納豆。糸挽きまくり。

白いご飯はイヤイヤ食べるチー様が、山盛り納豆でご飯がすすむすすむ



ここにきてまさかのマスターオブ納豆。。。。



あとは、20キロくらい味噌つくったら、余裕で完食するでしょこれ。



大豆の神様 ありがとうございます。るるる。










拍手[3回]