忍者ブログ
28 September

ホメオパシー

日本にいるときから花粉症でも毎日何か月も飲まなくちゃいけない抗アレルギー薬を飲むのが嫌で、基本マスクと漢方でしのいできたけれど、チリに来てからはマスクで外を歩くわけにもいかず(なぜならチリ人はマスクをしてないから、むちゃくちゃ怪しい)そのせいで毎年この時期はあわや副鼻腔炎というところまで来てしまい、夜よく眠れなくなってしまう。

拍手[0回]

PR
05 July

アニキ

先週の土曜日久しぶりにメルカドセントラル(チリの中央魚市場)に行ってきまして。

ここのところ当分行ってなかったからあれなんだけど、どうやら先日の赤潮騒ぎ以来、なんかお魚の値段が上がってるように感じられ。
地元ラレイナ地区ではちょっとお魚手が出ない値段だったので、重い腰を上げたというか。

それでもせっかく行ったのにもかかわらず、もちろん旬とか旬じゃないというのもあったりするのだろうけど、全体的にイマイチな感じの品揃え。
心の友レイネッタも目が死んでるし、最近良かった鯖もいないし、、、
アルメハのくせにキロ2000ペソって!!!きゃーーー!!!許せない!!

って感じで。

土曜の朝に行くには中途半端に遠いだけに外れな日にあたるとダメージが大きいわけなんですが


拍手[2回]

25 May

大殺界

こういってはなんですが、私。実は結構勘がいい方なんです。

霊感とかはないんですが、今まで人生の要所要所で、なんというか、「あーなんか嫌な予感がする」とか、「アーこれだ、というかこれに違いない」と思うと、そのようになることが多くて。


例えば、直近では娘の学校を今の学校に転校させた時などは、旦那は入学試験期間も過ぎているし、倍率も高いし、そんなの絶対無理だと思っていたので、絶対今ならねじ込めるから電話しろとせっついた私の勘が的中するたびに
「気持ち悪い」
と言われたりとか。

結婚する前に旦那に初めてあった時も
「あーこの人だわ」
と思ったり。とか。


そういう時は結果として自分のゴリ押しだったりするわけですが、まあ大体そういうのが当たるのです。

拍手[2回]

16 May

You are what you eat

最近アレルギーから始まり、鼻炎とかなんとか色々大なり小なり体にガタが来てることをかんじはじめまして。

といっても、もうアラフォーも半ばになれば色々とホルモンのバランスだとかなんだとか、色々あるわけで。
旦那にも
「もう年なんだから腕が痛いだの、なんかできたのだのは当たり前」
と全く相手にされない始末。とほほ。

そんなわけで、一念発起してここのところ保険の見直しとかなんとかしてきたわけですが、
色々調べた結果、始めたのがデトックス。
プチ断食+減(断)糖式のデトックス+自然療法のあれやこれやです。

個人の感触としては断食すごいな!って感じで、1日食べないだけで ”なんや具合わるい”のほぼ80%治ってきたのですが、

今回それは置いておいて

断糖(つまり炭水化物とか糖を極力食べない)ということになると、野菜と肉がメインになるわけですが、それに足してきのことか、糖の少ないフルーツだとかなんだとか。

そういうわけで、最近色々チリで売ってる野菜や、フルーツについて調べていたのですが、これが意外に凄い。
もともと好きで食べていたものから、日本では意外に高価格なものまで、色々あることがわかりまして。

ちょっとまとめて書き置きます。
せっかくチリで美味しい野菜手に入るわけですから、日本食にも是非攻めの姿勢でお使いください。w


拍手[2回]

18 January

チリの病院

この間から娘が原因不明の腹痛を訴えるようになりまして。

すごく激痛というわけではないので、しばらく様子を見ていたものの、それでももう3週間くらい一日1回は痛い、と言い出したので、虫でもいるのでは?という話になり。

ちょっと一度小児科に行っておくか、と。


チリの場合、医者に行くとなると基本予約が必要で、予約が無い場合は救急、みたいなそんな感じ。(そして救急は本当に高い)
日本っていきなり行ってもなんか見てくれそうな気がするけど(診療所とか、開業医とか、、)でもチリの場合そういうシステムではなく。。。(もしかすると、ホームドクターとかいたら違うのかもしれないけど)

で、医者を探すとなると

1.口コミ
2.ネットの口コミ
3.Isapre(保険や)に電話して安くて近くの小児科を聞く
4.かかりつけに行く
5.とりあえず安心感のある大病院へ行く
6.とりあえず近くのチェーン店に行く

といくつか方法があろうかと思いますが・・・・

拍手[4回]