忍者ブログ
08 July

うちには猫がいる。白と灰色でしっぽがうっすらと縞の雌猫で名前は福。

この福さんはわたしにとっては人生初めての猫なわけだけれども、彼女がうちに来る前、猫ってこういう感じと思っていたのと全然違う。

例えば猫の家に遊びに行った時の経験から、猫のお客さんに対する態度って、あたしのイメージだとざっくりわけて2種類で、

A:全く出てこないタイプ
B:出てきたらニャーニャーすりよってくるタイプ

なんだけど、福さんはそのどっちでもない。

子供のお客さんはどっちかというと好きじゃないんだけど、大人のお客さんの場合はやってきて、すり寄るでもなく人間のご飯を食べるテーブルにやってきて椅子に座る。

でもだからと言ってクレクレというわけでもなく。
じっと見てるタイプなのである。

拍手[5回]

PR
03 June

盗難

南米の他の国に比べればおそらくものすごく安全だと思われるチリでも、それなりに色々ないことはないというか、特に盗難事故というのは多い。

今までこちらに来てから、実際に自分達が被害を受けたことがあるのは2回とちょっとで、
1回目はカードのスキミングで、これはいつどうやってスキミングされたのかはわからないけど、しらないうちにアルゼンチンでガンガン買い物をされていて、うちの場合はカードの保険に入っていたので、実質の被害は0だったけれども、そうでなければ100万円以上の損害だった。

拍手[1回]

31 December

なおす

あっという間に30日になってしまって。

日本だったら年末大晦日で間に合わなかった年賀状をあせって出しに行ったり、実家の大掃除を手伝いに行っているところだと思うのですが

ここ南米チリでは特になんの感慨もなく年は越えて行くイメージで
それは我が家だけなのかもしれませんけれども

30日も会社は平常運転で仕事しているし、年始も2日から仕事しているようなところも多いし
年があけてもお参りに行くところもないわけで
(どこか南米に神社とかお寺とかないのだろうか。。)
ましてや最近は毎日38度を超える暑さで、しかも夜の9時まで明るいわけで
なんというか、年末感を感じるのは非常に難しいわけです。

去年はなんか新年らしいお節っぽいものを作ってみようなどと考えてみたけれども
年明けだらだらしているわけでもないし
ましてやこたつでお節を食っちゃねーできるわけでもないし
そうなるとなんかお節の必要性というか、お節をお節たらしめる何かがそもそもないというか。

そんなわけで今日30日になって、なんか年末年を越す前に、何をしておくべきか、と考えた結果

そうだ、なおそう、ということになり。

何をと言えば、色々壊れて直すつもりで置いておいたなんやかんや
例えばやぶれた(主に人形の)洋服だったり、壊れたおもちゃだったり

チリでは誕生日だーなんだとやたらこどもはプレゼントをもらう機会が多いのですが
だから、というか子供達は全く物を大事にしない感じがして

それが凄く嫌だなーと思っていたのと、一度シュタイナーの幼稚園を見に行った際に、
シュタイナー教育ではおもちゃを極力与えないという教育方針で、与えないことで子供は自分で遊びを生み出す、という考え方で
そこでは本当にこどもがおもちゃなんかなくても楽しく遊んでいて、むしろおもちゃが無いから取り合いにならない>つまり子供が喧嘩しない、という説明を聞いて
なるほどなーと感心し、なるべく我が家でもおもちゃを増やすまいと思って来たのですけれども

それでも娘の友達はおもちゃをいっぱい持っていたりするわけで、そういうお宅で見たことのないようなおもちゃを見るとやっぱり欲しいという欲望がわくのも当然なわけで

最近スーパーに買い物にいくたびに、何を買って、これを買って、と言われるようになり

そのたびに、

「今度作ってあげる」とか「別の服を作ってやる」とか、なおせば使える、とか言ってるうちに

作る順番待ちリストが伸びていき

そうかと思えば、やたら物を捨てない店長の、もういい加減捨てて買ってくれよ的な洋服のつぎあて待ちみたいなのもあり

年を越える前にこれを直すのがあたしの使命だと一念発起したものの

結局今日直せたのは豆の飛び出してきたお手玉2個と、破れてぼろぼろになった手押し車のシートの張り替えで、しかも購入価格はそれぞれ新品購入価格400円くらいのものなんで。
買ったほうが安い。もう全然安い。でももう今さらそれは言えない。

というわけで。。


まあ、でもなんでも直してくれと言って持ってくる二人を見てたら、物を大事にするというのはいいことだし微笑ましいなあと思うのですが

しかしそれならもっと最初から大事に使え、と言いたい年末なのでした。






拍手[1回]

26 October

今週のなんだかなあ

今週考えさせられた出来事のまとめ。


その1

ついに花粉症で蕁麻疹発生。

この花粉はかなりアタックが強いらしい。鼻のかゆみとかは日本の杉やヒノキの比ではないのだけど、のどが痛かったり、息苦しい感じ。
10月末までこの勢いが続くとなると結構苦しい戦いが強いられるかも。


その2

スペイン語の授業での出来事。
こっちは、前のスペイン語学校もそうだったけど、先生のエヴァルアシオン(評価)をするのが普通らしく、先週の授業の際にエヴァルアシオンの為の紙が配られたのだけど
今週早々の会話の授業で、先生が朝からどう見てもプチ切れている。どうも相当ひどい評価が書かれていたらしい。

私はそんなに文句を書くほどの文句も無かった気がしたのだけれど、どうも会話のクラスのテーマがくだらなすぎて会話のクラスに来る気が無くなる、と書いた人がいたようで。

だったら、なんの話がしたいのか?今ここで皆で話そう、と先生。
(そもそも先生も怒っても仕方ないけどね、、だってシラバス考えてるの彼女じゃないだろうし。。)

不穏な空気が流れ、学生たちも俯き気味。しかし、そこはヨーロッパの学生。中でも一番生意気な感じのいつも遅刻ばっかりしてきて、会話も全然上達していない彼女が

「だって、電話のかけかたとか、チリの食べ物とか、そんなの話しても意味ない。自分の友達とパステルデチョクロがどうだとか話さないし。あまりにくだらないから、授業に来る気が無くなる(あたしが授業に来ないのはあんたのせい)」

とバッサリ。それを追うように、アメリカ人の、これまたあんまり会話話せないじゃん!っていう男の子が
「自分もつまらないし、この学期終わったら辞める」とザックリ。

でも、私の目からみると、このレベルで動詞の活用だとか、代名詞の活用だとか、なんだとかそういう細かいところを勉強するには、簡単なトピックで勉強するしかないじゃん、と思うのだけど、しかもその簡単なテーマですら、知らない単語いっぱいあるし、、、と思ったのだけど
どうも、クラスのマジョリティは彼女たちの意見にまあ、賛成の様子。

で、じゃあ何の話がしたいの?と言われた彼女

「今度の大統領選の話とか(チリ)政治の話とか」とのこと。

確かに今は大統領選の話一色だろうし、そうでなくても、チリ人の学生って政治の話好きだし
でもその話し始めたらおそらくスペイン語の勉強にはならないし。。。しかしここで選挙の話がしたいという彼女があっぱれなのか。日本だったらこういうことはないなあと思ったりもし。なんだかなあ。


その3

店長の帰国に合わせて日本の通販に頼んでいた洋服が全然届かないので、なんかおかしいな、と思っていたらその会社から、民事再生法を申し立てているので、遅くなってすみません、みたいなメールが届いた。

レモールという通販で、子供服が安いし可愛いし、最初に友達にカタログ見た時には、アスクルやイケアを始めて見た時と同じようなショックを受けた会社。
南米とか進出したら売れそうなのにな~と思っていたりしたやさきの出来事で。
でも売れてないようには全然見えなかったし、この間老舗のフーセンウサギが倒産したという記事を見たばっかりだったので、どっちかというと1人勝ちしててもおかしくないのに、

ただ、たしかに物流とかコールセンターが酷いとか、発送が遅いとかメチャクチャ叩かれてたけど、それでも大多数のお客さんがあたし待つわ、いつまでもま~つ~わ というくらいの安さと可愛さだったのに。


むしろなんで潰れたのか不思議に思ったので、ぐぐってみたら、ナース用品でも全国シェアの約70%と高いシェアがあったのにM&Aを繰り返して企業規模を急速に拡大していたことで資金繰りが悪化したとのこと。

粉飾決算とデリバティブの失敗で倒産したんだそうで。。。

なんというか、、、

リアル半沢!?


なんだかなあ。本業良かっただけにもったいない。。。。

そしてレモールの一部を経営は盤石そうだけど、デザインも価格も残念で相変わらず魅力がないベルーナが買ったっていうのも、

なんだかなあ。。。なのでした。

拍手[1回]

18 August

los americanos アメリカ人

先週1週間は学校をお休みしまして。
店長が出張に行っていないのと、ちょうどその前の土曜日に娘が家で遊んでいて転んで、顔面強打し、歯をぶつけたため、歯医者に通わなければいけなくなり
ついでに水曜日が祭日なので、一日6時間の拘束がさらに長くなるなどと言われたため
いや、さすがにそれは無理です、ハルディンのお迎えもありますし、などなど、ということで
なんだかんだありまして、1週間休みにしました。
 
うちの学校は一週間まるっとであれば、結構簡単に休めるようです。1週間一緒のクラスだったみんなとは別のクラスに入ることになるので、多少寂しいと言えば寂しいですが、まあそれほどでもないか。。。。
 
 
ちょうど1週間前の最後の金曜日の会話のクラスで、(会話のクラスの先生は好きな先生)ちょっとびっくりしたことがありました。
 
クラスは先生の力量というか、好みの話題とかでトピックがかなり左右するんですけど、その女性の先生はチリ人のインテリに多いタイプの政治問題や、国際問題が好きな先生でその日の話の流れも、母国が懐かしいか、何がさみしいか、とかそういう話から、結局自分の母国の国内の問題に話が流れ着き。
 
これもまた典型的なチリ人のインテリ女性である先生は、アメリカの政治には一言言わずにいられないという感じの人で
(アメリカという国が嫌いというのは、日本以外の国でのスタンダードだと思うのですが違います?)
 
アメリカの銃所持についてどう思うか?ということを、アメリカ人カップルの2人に話させようとしたのですが。
 
ちなみにチリでは銃所持はそんなにないみたいです。犯罪も人殺しより、物取り系、泥棒も空き巣が多いんだそうです。
(でもそのくせデモではバス燃やしたりするけど、政府相手だったら何してもいいって感じなんだろうか。笑)
 
でその時は、というかたぶん先生だけじゃなく、おそらくあたしもですけれども、
アメリカは銃を簡単に持てるそうだけれども、その持てるということについて、この若い二人はアメリカという社会が歪んでいる、ということは感じているけれども、仕方ない、というような答えをするんじゃないか、と、おそらくその場にいた二人のアメリカ人以外は予定調和的に想定してたのですけれども。
 
 
で、先生が
 
「アメリカ人は銃を持つことができるけれども、それについてどう思うか?あなたたちは持ってる?銃?」
 
と、軽いスタンスで聞いたところ、まさかの
 
男の子が五丁、女の子が1丁持っているという、回答。
 
「えええええ!?5丁ってなんで???」とざわめく教室。
 
しかも、
 
ホントにほそっこくて、かわいらしい金髪の23歳の女の子はいつもバッグに入れているとのこと。
 
彼氏は、彼氏で
「アメリカ人の男は大きいから彼女のような女の子はガンを持ってないと危ない」
 
女の子は女の子で
「えーだってガンはちいさいから鞄に入るしー」
「酒場の近くは持っていけない」(州によって違うらしい)
「寝るときは枕元よねー」
とか、
 
なんかもう、あたし携帯持ってますというのと同じレベルの会話に突入。
 
「なんで持つの?嫌じゃない?」
と先生
「えーだって軽いし」
と彼女
 
 
いやもう軽さの問題じゃないし、
 
喧嘩したらムカツクーとかいって撃たれんじゃないの?
 
 
ってかんじで なんとなくクラスが 対アメリカ人2名で不穏な雰囲気に。
 
 
でも本当に意外というか、その二人はどちらかというと自然が好き、歩くのが好き、みたいなエコっぽい子達で、昼のお弁当も家からポテトチップとサンドイッチを袋に入れて持ってくる、ような節約して旅をしているようなほほえましいカップルみたいな。
全然普通の子で。むしろ静かなタイプ?趣味は読書みたいな感じ?
 
 
だったので、私もびっくりしまして。
 
でも考えてみたら、今までアメリカ人の友達に
「ねえ、あなた銃持ってる?」
 
って聞いたことなかったかも。聞いたら持ってたのかも。
 
 
あたし達があまりにも否定的な反応だったのが、気に障ったのか、彼らもあまりにも、アメリカでの銃の必要性について、熱弁をふるうので、先生も熱くなってしまって
 
「でもみんなが銃を持たないようにしたらいいと思わない?」
とか、誘導尋問みたいなことを言い出し
 
でも2人は、
「いや、ガンは絶対必要。だって他の奴らも持ってるし、やられる」
 
みたいな、
これまた昔マイケルムーアの映画で見た人みたいなことを繰り返し。
 
 
それなのにさらに最後に先生が(彼女もしつこい)
 
「じゃあ最後に、もし泥棒が家に入ってきたら、その銃で人を本当に撃てると思う?静かに物を取られた方が、人を売って殺したりするよりいいとは思わない?チリはそういう物取りだけっていうのが多いのだけど」
 
とダメ押し。
 
でも
 
「顔を見たら殺されるから、撃つ。一応撃つぞ、とは威嚇するけど、撃つ」と、若者はこれまたなんのためらいもなく言い放ち。
 
 
全く平行線のまま会話は終了したのでした。
 
 
 
 
彼らの言い分(向こうが持っているから撃つ)というのも、理解はできなくはないし
アメリカみたいな物騒な国に生きていたらそんな風にならざるを得ないのだろうな、とは想像がつくのだけど
それにしてもあたしはいやー、本当に教育って恐ろしいな、と思ったのでありました。
 
 
何が恐ろしいって、彼らアメリカ人にとって、ガンがない世の中はこんな若者ですらもう想像ができない世界で
いっせいのーせで武器を捨てるってことはありえない、という前提の元に生きているわけで
それじゃあアメリカが世界中で戦争するよな、というのと
 
よく、アメリカの政府は嫌いだけど、人は嫌いじゃないよ、とか言うことありますけど
やっぱり国と、国民って全く別のものではないな、としみじみ思いました。
 
 
そこでチリ人の先生が
 
「あたしやっぱり日本に行きたいわ~ だって日本は問題ないでしょう?」
 
 
というので、そこであたしは困ってしまい。
 
 
いや~日本はガンはないけど、ガイガーカウンターが装備された携帯が売り出されるような国ですけど
 
と言いそうになってやめました。
 
 
 
 
 
というかそれよりなにより、まだ現在形しか習ってないしね。。。。。
 

拍手[2回]