忍者ブログ
23 March

charla ingreso a colegios コレヒオについてのセミナー

ここのところ、子供店長の誕生会の準備、それから決算、それに新ワインの輸入準備、でてんこ盛り。

そんな中

火曜日はお友達のママ友とお食事の後、ハルディンでコレヒオについてのセミナーがあったので、色々聞きたいこともあり参加してきました。

日本にいる人にはあまり興味のないことかもしれないけど、チリでの子育てでは避けられないコレヒオ問題なので、もしかしてためになる人もいるかもしれないし。ということで記録しておきます。

チリには、日本語で日本とほぼ同じカリキュラムで教育を受けられる学校がサンチャゴにあります。日本人学校ですね。これは小学校と中学校になるのかな。幼稚園のようなところもあります。
でも、高校は無いので、通常高校になる前に企業で派遣されている人は帰国していくパターンが多いようなのですが

我が家のように高校もおそらくチリ、という場合にはチリでの学校を探さないといけません。

チリのコレヒオは、公立と私立がありますが、その学力の差が大きいので、ある程度、日本と同じようなちゃんとした学校に行かせたい、となると、やっぱり私立を選択肢に入れる人が多いです。

チリのコレヒオは小学校中学校高校が一貫教育になっているところが多いのですが、

そのさらに↓にプレキンダーと、キンダーという学年?を持っているコレヒオが多いのです。
つまり幼稚園から一貫教育って感じです。

学年を年齢で並べるとこんな感じ

----------------------------ハルディンインファンティル
サラクナ 0歳~
ハルディン(メディアメノール)2歳
ハルディン(メディアメヨール)3歳
▲トランジション? 4歳以上 のクラスがあるところもある
-------------------------- コレヒオ
プレキンダー 4歳
キンダー 5歳
コレヒオ 6歳から高校3年まで

この学年の切れ目についてですが、3/31で、該当の年齢になっている子が、3/1から始まる期の対象者になるんだそうです。

わかりづらいのですが、

つまり、うちの子の場合 非常に残念ながら2010年 3/26生まれ(現在1歳11か月でメディアメノール2歳クラス)
ですので、ちょうど3月のブラックボックスの中に入っています。

つまり
2014年の3/31で4歳になっているので、2014年の3/1から始まるプレキンダーの対象者になってしまうわけです。

どうして残念かというと、このプレキンダーに入るためにはその1年前、つまり2013年の3月に入園試験を受けなければならないわけです。つまりこれは今から約1年後のことですが、
おそらく彼女はこの時点では3歳になっていません。。。

2歳、3歳のころの半年、でできることって結構違います。

そしてさらに、この試験は言わずもがなスペイン語です。

この時点で既にかなり子供店長にはアゲインストです。。。。

試験の形態は学校によっては40人いっぺんにやるところもあるし、5人くらいずつでやるところもある
1日4時間のところもあるし、4日間でやるところもある、んだそう。


今回その試験の内容について、色々聞いてきました。実際に使われていた問題用紙?のようなものも見せてもらえました。大体どこでも同じようなことをやるそうです。

プレキンダーで見られるのは、社交性、自分のことが自分でできるかどうか、それから自分の名前が言える、試験官がやったのと同じように行動がまねできるか、色、数がわかるか、細かい動きができるか、等々。
aspectos sociales
autonomia
lenguaje oral y escrita
habilidad motoras finas

ただ、言語については重要視されるので、小児科医が問題ない、というレベルでもコレヒオの試験のことを見据えて言葉が心配な人は早めに手を打った方がいい、というようなアドバイスもありました。。。

それから当然両親の面接もあります。

これはうちには関係ないですが、キリスト系の学校では親の面談でかなり難しいバイブルに関する質問があったりもした、という話でした。これはキリスト系の学校を考えている父兄に、恐怖を与えたようです。


プレキンダー、キンダー、コレヒオの時点でそれぞれ一応入学できるみたいなのですが
人気のある学校はプレキンダーの時点で入るのが一番楽なので、(学年があがると採用人数が減る、もしくはなくなる)
プレキンダーから行く人が多い、ということでした。


試験についてはそんなかんじでしたが、

一番の問題はどこのコレヒオを選ぶか、ということで
何と言っても、幼稚園から一貫って、10年以上も同じところに通えってことなので、これは親として非常に大きな選択をいきなり3歳で迫られるわけで

もう目がうつろなのですが

しかもその選択肢は、英語でやるところ、スペイン語でやるところ、アメリカ系、イギリス系、イタリア系、フランス系、キリスト系、大規模(40人くらいまでが最大)か、小規模(5人くらいとか)か、モンテッソーリか、そうでないか、運動に力を入れてるか、アートに力を入れているか、学費がどれくらいか、等々

日本みたいに、どこに行っても大体同じ、っていうわけじゃなくて
本当に全く違うので

彼女の今後の10何年を生かすも殺すも親次第という感じで、ものすごいプレッシャーを感じます。。。。


でも、チリ人の親も、どうやってコレヒオ見つければいいんだ?なんで小中高一貫で、受験が3歳なんだ!

という全く同じような不満の声があったので

まあ、何の救いにもなりませんが、とりあえずあたし達だけが分かってない、っていうわけじゃなくて良かったです。。。。


最後に、とりあえずここを見ろ、とコレヒオを条件で見ることができるサイトを紹介されました。

ministerio de educacion de chile
http://www.mineduc.cl/

これからここで少しずつ500のコレヒオを30くらいに絞り込む、そういう作業から始めたいと思います。涙




拍手[2回]

PR
17 February

成長する crecer

先週 サラクナ(保育園)のティア ジェシーに言われていたとおり、というかそれよりちょっと遅くなったけれども、今週から子供店長はついに、サラクナを卒業し、media menorという、上のクラスに入れてもらうことになり

同時に同じクラスにいた子たちも半分くらい一緒にメディアメノールに上がることになった。

メディアメノールは大体、2歳~3歳くらいなのかな、の子がいるクラスで
2歳になるちょっと前のうちの子と、3歳直前の子だと、見た目でかなり大きさが違うし、内容もかなり違う。

サラクナでボス?的存在だった巨大児コロンバも一足先にメディアメノールに上がったのだけど
たまに見かけると、あのコロンバでさえ?メディアメノールでは他の子についていくのがやっと、というか
ついて行こうと必死になっていて、頑張れコロンバ!と応援したくなる。

この間も3人くらいの、もうベラベラしゃべってるような女の子のグループにコロンバが混じって遊んでいたのだけど、その子達が きゃーーーーーーーーーーーーーっと言いながら園庭を駆け抜けていき、
ちょっと丘になったところででんぐり返しをし、
そこで「@:;????!&’%’!」と叫んでUターンして走って帰ってくる、という
何をやってるのか全然わからない遊びを繰り返していたのだけど
コロンバがそれにくっついて走っていくものの、でんぐり返しはできないし、足は遅いしでついていけてなくて
なんか仲間になりきれてなくて、でも必死に追いかけていくコロンバを見てちょっとウルっと来たのだった。

そんなわけで、うちの子がさあ、メディアメノールだ、という日になってなんだか
本当に大丈夫なのか?。。
という不安も持ち上がってきたりして。
さすがにその日は連れて行ったときも、ドキドキしたのだった。

でも、うちの子は、まあ園で唯一の外国人ということもあって、メディアメノールの子達も、クラスの違う子店のことを前からよく知っていて(パンダみたいな感じ?)
その日もメディアメノールに連れ行くと、「ぎゃあああ~~~ CHICHAAAATOOOOO!!!!」というかんじで
猛烈な歓迎を受けていた。
その後も隠れてみていたのだけど、大きな子に追い掛け回されていたけど(いじめじゃなくて人気があり過ぎて、構いたいみたい。みたいなかんじ。触りたがったりして)必死に逃げ回っていた。

でも彼女は足が速いらしく、3歳児くらいのからも逃げ切っていたので、まあある意味すごいなと感心したのだった。

それでもサラクナよりずいぶん楽しくなったのか、サラクナにいた時は朝大泣きしたりしていたのに
メディアメノールになったらまた園に行くのが楽しくなったらしい。良いことだ。
やっぱり自分より大きい子と遊ぶほうが楽しいのだろう。

そんなわけで、心配ないな、と思ったところ、今日お迎えに行ったら、ティアに

「今日も元気でした。でもちょっと落ち着きがないですね。ちょっと(かなりというポーズをして)ね」
と言われ

別の意味でまたちょっと心配になったのだった。。。


えーーーーーーと

んもー。

入ったばかりなんだからちょっとくらいしょんぼりしてればいいのに!!!


拍手[2回]

04 February

かわりめ transición

この間保育園行ったら、ジェシー先生が

「子供店長はまだ話せないけど、スペイン語ちゃんとわかっているから、2月からトランジッションでmedia menor行った方がいいんじゃないかと思う。園長に話してみる」

と言ってくれて。

一応うちの幼稚園、barco de papel では、基本、2歳の誕生日が来たら2歳、3歳児クラスに上がる、という風に聞いていたのだけど、


その辺の移行時期については、チリは日本みたいにきっかりしていなくて
むしろ子供の能力みあいなので(とりあえずうちの保育園はそう)



例えばsala-cuna menor から meyorに上がるのは月齢じゃなくて
”歩けるか、どうか。歩いて遊べるかどうか”

みたいなかんじで、その移行期は子供によって違うし

例えば日本人の親の子が現地の小学校でスペイン語が追い付かなくて、留年したりすることもある、って話も聞いていたので


sala-cunaは2歳以下の赤ちゃん中心だけど、media menorでは子供はもう結構”会話”するようになっているし、先生も会話を中心にクラスをすすめて行くし、

例えば、ヨガとかテッコンドーとか、英語の授業なんかもやるみたいだし(遊びだけど)
おむつもとるし、自分のことは自分でできるようにトレーニングしていくわけで
そうするとやっぱりサラクナとはずいぶんレベルが違うわけで

そんなわけで正直話せるようになるまではみんなと同じにできないかもしれないから、もしかするとサラクナ(2歳以下)のクラスにいた方がいい、って言われるかも、とビクビクしていたのだけど


誕生日より前に上のクラスに上がったほうがいい、と言われて正直びっくりした。


園長と話したら、子店長は、スペイン語は発語はあまりしないけど、よくわかっているし、サラクナの授業では退屈してしまっているようだから
上のクラスにあげてあげたら、まわりの子もみんな話すから、きっと早く会話できるようになるだろう、という配慮をしてくれたようだった。


母としては他のことだったらなんでもしてあげられるけど、スペイン語の相手だけはしてあげられないので

保育園でうちの事情を汲んでそういう提案をしてくれたことは本当にうれしい。

というか、ジェシーありがとう!ってかんじ。

たぶん、担任だったサラ先生がいなくなっちゃったし、母はいまいちスペイン語通じてないし、ジェシーは2月で夏休み取るから、その前に子供店長のことを考えて上のクラスにあげといてくれようとしてくれたんだろうな、と思う。
あたらしい先生は子店長の性格とか話せないけどわかってる、とかわかってないだろうから、その辺のことも気を使ってくれたと想像。 涙


そんなわけで昨日、お迎えに行った時にジェシーに

”子供店長はお誕生日はサラクナではできないね。メディアメノールでやるんだね”

なんて言われて

ありがたいなあ。子供店長も大きくなったんだな。としみじみ感慨にふけっていたのに

帰りにmedia menorのクラスの前にたぶん3歳くらいの女の子がたっていて、
手におもちゃの指輪をはめていたのだけど

私の方をみて、
”あたしの指輪かわいいでしょ”

みたいなことを言ってきたので、

うわ~。3歳ってこんなにちゃんと会話を!?
この子達と今度は一緒に!!と一瞬感無量になったところ




その母の甘すぎる感無量感を打ち消すように



横から子供店長が だだっ と 猛烈にダッシュしてきて



その指輪をむしり獲ろうとしたところ


私に止められて




”うギいいいいいい~~~~!!”




とおよそ人の声とは思えない声でわめき泣き


保育園中にその声を響き渡らせ


可愛い少女をドン引きさせるという事件を起こしたのだった。



  そしてその後行った公園でも脱いでほったらかしにされていた靴を拾って履こうとし
  その持ち主(3歳児くらいの女子)に取り返されたところ
  怒って砂かけばばあのように彼女に砂をかけたため
  母に猛烈に叱られる1歳11か月なのだった。



はあ。


大丈夫なのか。本当に。母は心配だ。。。。


悪がきめええ。。。


reserva de caliboro

拍手[2回]

26 January

保母さん tia

夏休みになって、サラクナの質が低下している!と感じていたことについてはちょっと前にブログにさらっと書いたのですが

どうもそう感じていたのは、私達だけではなかったようで

以前私達が住んでいたデパルトで知り合ったブラジル人?の親子が

去年あった時は同じbarco de papelという保育園に行くことにした、と言っていたのだけど

昨日たまたまあったら

「やっぱりやめて、別のところに行くことにした」

というので、どうしたのかと聞いたところ

「この間(年明け)見に行ったら、前(去年)と全然雰囲気が違った気がした。保母さんが子供のことをケアしてくれてないみたいだし、ずーっと泣いてる子がいるし。だからもっと小さいところにした!子供が多すぎるのでは」
とのこと。

「ああ、そうなんだよねー。夏休みになっていつもいるTIA(保母さん)がいなくてバイトみたいな人が多いし、あと、いつもは別の園に通っている子が夏休み教室だけ来ているので初めて預けられた場所だから泣いてるから、どうしてもクラスの雰囲気があんまよくないよね」

みたいなことを、スペイン語で説明した(つもり)ら

「うちの保育園は夏は1か月まるまるお休みなの。だからその方がいいと思って」

というので

「まあ、休める人はいいけど、そうじゃない人がいるから夏休みクラスやってるうちの保育園みたいなところが必要なんだよね。。。とほほ」

みたいな話になったのですが。

というか、我が家は自宅勤務だけど、1か月まるまる休みだったら絶対仕事できないし、それは無理。汗

当然だけど彼女は1か月まるまる休めるのだろうか。
チリの職場って夏休みどんだけとれるんだろうなあ。いいですなあ。


今年は全く夏休みのないユヤイだけど、来年はもう少しこのチリ事情と合わせて動きを考えてやらないと、ちょっと子供店長が可哀そうだな、と思ったりして。
そういえばサラクナもいつもいる子がいなくて、いつもいない子がいるので
子供店長が非常に行くのを嫌がっていて、それが最近のうちの悩みごとだったのですが。

しかし サラクナ、と言えばそれより一層ショッキングだったことは


今日ずっと夏休みだとばっかり思っていた、子供店長の担当のサラ先生が、実は夏休みじゃなくて辞めてたことが判明。




がーーーーーーーーーーん。orz


っていうか、サラ先生だけじゃなくて、他のティアももう何人も入れ替え?辞めてて、ま、でも、サラ先生が先生で、ほかの3人は補助教員だったから、入れ替え激しくても、ま、しょうがないか、って思ってたのに

メインのサラが辞めちゃうとは!!はああああああああ。。。。


唯一残っているジェシーの顔が最近こわばっているというか、イラついてるなー、大丈夫かなーと心配してたんだけど


そりゃこわばるよなあ。ジェシー。。。。人数はいるにはいるけど、ほかのは夏休み用に雇われてる素人みたいなのばっかりだし
他のはみんな辞めちゃうし。。
まわりは夏休みで浮かれてるし。

なのにまわりは発狂するトラブル2だらけ。。。。


可哀そうなジェシー。ううう。





確かに学年の境目だから、やめてもいいと言えばいいけど

来年もサラ先生に持ってほしかった親子としては、あまりにも悲しい。
うちの子はとにかくサラ先生が大好きだったのに。。。言葉もあんまり進まないから心配だったけど、面談でもサラ先生が色々相談に乗ってくれてたりしたから、心強かったのになあ。


っていうか、辞めるなら辞めると一言言ってよ!って思ったんだけど

園長も

「あたしも先週の金曜日聞いた」とか言ってるし。


。。。。どういうシステムなんですか!?

マネージメントいまいちなんじゃないの!?ってかんじ。笑



でも聞いた話によるとサラは医学部?に復学するみたいなことで辞めたらしいので
ま、しょうがないな、賢そうだったしな、とは思うのですが。



それにしても。涙 残念すぎる。。。。。


でも、チリの教員ってすごく給料安いって聞いたことあるから

おそらく保母さんも安いんだろうな、とか思うわけで
少しでも条件がいいところ、とか条件がよくなる可能性がある方に進んでいくんだろうな。



でもせめて一言言ってくれたら、お礼の一言も言えたのに~~とそれが一番悲しいのでした。


っていうかどうなんだろう、もしかしてうちの保育園だけなのだろうか、こんな先生とか働いている人の出入りが激しいの。


こういうことがあると、どうしても経営サイドで見てしまうんだけど


チリのような労働者の仕事のモラルが平均的に低い、国で

よいサービスを提供するグループを作る、

そしてそれを維持する、というのは、とても難しいのだろうな、と。

一時的に今サービス内容がかなり下がっているようだけれども、この後どうやって持ち直すのだろう、とか
彼女たちの不満を解消する解決策はないのかな、とか


おそらく私と同じ年くらいの、子連れ園長

カロリナのお手並み拝見、とか思っちゃうのでした。











拍手[0回]

24 January

おまる? vacenica

最近ついにとうとう、ちょっとトイレトレーニングなんざしてみようか、という気になってきまして。

発端は、そういう話題を耳にすることがあった、ということもあれなんですが

たまたまある日、保育園から間違って誰かのオパンツが彼女の荷物の中に紛れ込んできたのを
私が面白がってはかせていたところ

どうも、オパンツが気に入っているらしく、やたらと私のを履きたがったりしているので

はーん。彼女もついにお年頃?

というわけで、オパンツ、買ってあげるから、トイレ教えてくださいよ、作戦で、トイレトレーニングしてみることにしたのですが。

やってみると、意外に?神経質なのか、おもらしするととってもいやみたいで
おむつはかせて頂戴、とねだられたりして

そういうもんなのか、と、まあ、でも ここは心を鬼にして?

おむつはおうちでは履きません!と、 おむつをとっぱらってしまいました。

でも、そうすると問題があって、というか、前からとっても不思議で、どうしてるのか、と気になっていたのが

外出時のトイレ。

あのですね、日本だと外出先のトイレでもちょっとしたところだと、子供の便座ってあるじゃないですか。

でもチリでは見たことない。 でも、チリの便座っておっきいから、到底子供店長には無理なわけで。

あれ、どうしてるんだろうな。とずっとこの先どうしたらいいのか、もんもんとしてたのですが

今日ジャネットさんに聞いて答えがわかりまして。

どうも、携帯用のおまるというものがあるらしいですね。下の部分がビニール袋になってる、みたいな。

オシッコ!と言われたら、さっと出して、どこでもできる。 だそうで。
それをバッグに入れて持ち歩いている、んだそうで。


「教会でも、地下鉄でも」

と言うので、本当にどこでも出されているようです。実物みたことないですが。笑

名前がわかったので、ネットで見てみたら、ビニール袋付でも使えて、便座の上にもはめられるものもあるようなので

さっそく探してみなければ、と思ったのでした。

しかし荷物増える一方だな。

拍手[1回]