忍者ブログ
26 November

モンドールとチリワイン

先日お気に入りの天然酵母パンのお店マールツァイトさんの主催されているチーズとパン&ワインの会に参加してきました。

その会でマールツァイトさんのご好意で、ユヤイのワインも使っていただけることになり、白ワインを選んで持っていくことになりました。

今回はお題がウォッシュチーズということで
ウォッシュチーズに合う白を持ってきて欲しいというご注文。

ウォッシュチーズと聞くとすぐにしっかりしたピノかなと思ったのですが、お題が白ということで、今回あわせるモンドールというウォッシュチーズを本で調べたところ白だと、ムルソーやピュリニーモンラッシェの白と相性ヨシとのこと。

ピュリニーモンラッシェのようなチリ白というのはちょっと思い当たらなかったのですが、ムルソーのイメージに近いワインを考えて、レイダのシャルドネを持って行くことにしました。

どうしてレイダかといいますと、ニューワールドのシャルドネはかなり樽がかかってマッタリしているものが多くて、それがお好きだというお客様も非常に多いのですが、濃厚なウォッシュチーズにあわせるとなると、私としてはどうしても酸がしっかりあることが必須かなあと、それと濃厚なウォッシュチーズに負けないしっかりとしたバランスが取れた樽の強さと両方持ち合わせている白、かつ3000円以下となると、もうレイダしか思いつかない。(笑

そういう意味ではレイダのシャルドネはもしかするとワインを中心に飲まれるパワフルなニューワールドのシャルドネを望まれる方には、もしかすると酸がありすぎるとか、さっぱりしすぎで物足りない・・・と感じられるのかもしれない1本ですが、食事にあわせる1本とすれば、ちょっとしたフレンチにあわせても全く料理を壊さない本当にバランスのとれたできのいい子なのです。

さて、そんなできのいい”レイダ”のシャルドネとはいえ、”フランス”のチーズの会でチリのワインに合わせるというのは正直初めてだったので、かなり緊張したのですが蓋を開けてみると、非常に相性がよく、むしろ持っていった本人が一番びっくりするほど、ウォッシュチーズとの相性が抜群でした。(笑

ウォッシュチーズの臭みやともすると濃厚すぎて疲れてしまうほどの濃厚さを軽く流して甘みすら感じさせる。
ワインだけで飲むよりワインも数倍美味しく感じました。

ウォッシュチーズはかなり癖があるので、好き嫌いがかなり分かれるチーズかなあと思いますが
もし機会がありましたらレイダのシャルドネとウォッシュチーズ
是非お試しくださいませ♪

文句なしのマリアージュです。

拍手[0回]

PR
01 November

モヒカン

ほそぼそと広げてきたユヤイの商品構成ですが
この秋冬でまたグン!とプレミアムチリワインが入荷してきます。

第一弾はラズリとソルデソルで、もう本当に
扱えるのだけでニッコニコ (ノ^^)ノ なのですが

今度は”モヒカン野郎”ドムスアウレアが入ってまいりまして
まだアップされていないのですが、次の特集はこのモヒカン野郎になる予定であります。

これまたニッコニコ(ノ^^)ノ なのであります

(モヒカン野郎の意味がわかない方は今しばらくお待ちください 笑)

このモヒカン君、ルックスはかなりアグレッシブといいますか
”モヒカン”なのですが
ワインはなんといいますか
1年前私が試飲した時には高貴な花のような印象が強く
モヒカンのモの字も感じませんでした。
(意味がわかりませんね。。。)

私はモヒカンのくせに繊細さとエレガンスを兼ね備えた
彼の外見と中身のギャップにノックアウト。
ワイルドなのに実は詩人だった。。。みたいな感じでしょうか。(笑
若干恋に落ちた次第です。


今回のモヒカンはビンテージ違いなので、近く試飲の予定ですが
新しい彼がどんなモヒカンになっているのか

楽しみです♪

拍手[0回]

13 October

ワイングラス

だいぶ涼しくなってきたので、色々物入りになってきまして。(笑

先日久しぶりにIKEAに買い物にいってきまして
事務所のカーテンやグラスなどを購入してまいりました。


久しぶりのIKEAは平日ということもあり、かなり空いていまして
ゆっくり商品を見ることができました。

ところで皆さんはワイングラスってどんなものを使っていますか?

我が家ではリーデルのグラスもあるのですが
普段使いにはIKEAのグラスが安くて一客300円そこそこにしてはかなりGOODなので、お客様用も合わせて数そろえています。

ワインの仕事を始める前まではワインをビールグラスで飲んでいた
こともあったのですが  「(^^; )
一度本当のワイングラスで飲んでしまうとさすがに
ワイングラス以外でワインを飲むのは
ワインがもったいないなあと思うようになりました。
目から鱗!というくらいワインの香りや味わいが違いました。
あの日の感動は忘れません。

でもワインをかなり飲む友達のうちに行ってもグラスがないっていうこと
結構あったりして
ワインに対するワイングラスの重要性ってあんまり認識されていないんじゃないかなあと思います。

ワイングラスといっても、足がついていればいいというわけではなくて、
重要なのはボール部分のふちとボールの大きさ、それからふちの厚みなのですが(薄いほうが良いとされていて、冗談じゃなくよく割れるのです。笑)

カットグラスになっているものや、綺麗な柄がついているようなのは
見た目には美しいのですが、この薄さやボールの大きさがワイングラスにもっとも必要な機能性を備えていないことがままあるので要注意です。
一般にチリワインだったらボルドータイプと呼ばれるタイプが
一つあると便利だと思います。

ちょっと高いけどリーデルのボルドータイプ


もしワイングラスをお持ちでない方は
だまされたと思って?ワイングラスを買ってみてください。

ワインを1000円高いのを買うよりも、同じワインを”ワイングラス”で飲んだほうが、数倍美味しく感じるはずですから!!



ブログランキングバナー
クリック↑で応援アリガト(^з^)-☆Chu!! ございます 



拍手[0回]

17 September

LEYDA LOT 21 PINOT NOIR

今日やっとワインアドバイザーの2次試験が終了しました。

試験結果についてはまた後日お知らせしますが、
試験内容は引っ掛け??に見事ひっかかりまくりました。

セパージュがあたらなくてもそんなに気にしなくていいという先生の言葉を信じたいと思います。涙

さて、本日は
テストが終わった御祝ということで
前から私が飲みたかったレイダロット21のピノノワールをあけております。

チリのピノといえばちょっとジャミーな印象というのが一般的ですが
このピノは、ハーベイシャスでミネラリー。
サクランボやラズベリーの香りや、ドライローズ、それから血や鉄分のような香り
雑木林のような香もあります。
チリで作られたとは思えない??涼しいタイプのピノノワールです。

口に入れた瞬間からおおらかに広がる果実味。スムーズでシルキーな口当たり。酸もタンニンも非常に洗練されていますが、アルコールの高さにチリのピノらしさを感じました。

余韻はしっかりとした余韻で、
全体的には華やかではあるものの、芯のしっかりした男性的なピノノワール

チリにもこんなピノがあるんだということを
もっと多くの人に知ってもらえるようがんばらなくては。
ブログランキングバナー
クリック↑で応援アリガト(^з^)-☆Chu!! ございます 

拍手[0回]

20 June

ティエリー

ティエリーというワイナリーは私にとってもものすごく特別なワイナリーです。

オーガニックワインをつくっているワイナリーだからではなく、私がアシスタントとして働くようになってから
初めて自社輸入したワインだからです。
(わたしが選んだという意味ではないですが)

もちろん、エルプリンシパルもエラスモも特別なんですけど、これは社長の思い入れがものすごくありまして、
私が店長に出会う前から既に店長はこのワインを日本に紹介したい!輸入免許とってやる!と
いわば恋に落ちていたわけで
わたしはそのあとにくっついて来たような形ですので(笑

でもティエリーは私がアシスタントになってから、はじめてユヤイとして輸入しよう、ユヤイとして末永いお付き合いをしようと決めた初めてのワイナリーでした。
このワイナリーには私が最初に一目ぼれをしたのでした。

最初のテイスティングから輸入、輸入者シール貼りまで、ひとつひとつ立ち会ってきたこのオーガニックワインシリーズは、オーガニックである前にワインとして私は非常にひかれるものがありました。
美味しいという感覚は人によって違うかもしれませんが
私にはなにか一言でいうと、”滋味”というものが感じられ、それにとてもひかれたのでした。

ワイン東京でティエリーのアッサンブラージュ レセルヴァがフォーシーズンズホテル椿山荘シーズンズビストロのソムリエさんの目にとまり、今世界のワインフェアというフェアでご紹介いただいています。
http://www.fourseasons-tokyo.com/restaurant/plan/restaurant070509_01.html

フェアは7月いっぱいみたいなので
ティエリーの晴れ舞台を見に行きたい母心なのですが。。。。


うーん。仕事が。(涙

拍手[0回]

        
  • 1
  • 2