忍者ブログ
01 May

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

14 June

numero 数

いっつも思うんだけど

ヨーロッパ人種の男はすごく数が好きだ。


これもう、日本人の外人とのコミュニケーションの必修科目にした方がいいとすら思うんだけど


例えば、何年に結婚した、というようなことを話すとき、日本人だったら30年前、っていう言い方をすると思うけど
(もしくは結婚4年目とか)


絶対、2002年とか


西暦で言ってくる。
人生のイベントをことごとく西暦で言ってくるので、私のように数字が苦手な人間はうんざりしてしまう。



で、それ以外によくある質問が



日本の人口がどれくらいか?っていうの。


必ずサンチャゴは何人で、チリは何人とか事細かに言ってくるので


回答しないといけないのだ。


そんなわけでまた、今日も まず最初に東京の人口を聞いてきた。

出たよ、

と思ったけど、


「うーん。 ムーチョ ムーチョ」とか適当にかわした。


でも食い下がって今度は 

「日本のアビタントはどれくらいだ?」と聞いてきた


また出たよ、、、うううう



しかし逃げようがないし 仕方ないので


「えー シエントミジョンくらい? ははは。。。。」



なんとか答える。。。。


そしたら今度は


「アメリカにボンバされたときの広島の人口はたしか トレスミジョネくらいだっただろう?
 広島は今どれくらい人がいるんだ?」


とか言い出した


ぎゃああ。 しまった 歴史おじさんだよ。。。


とほほ。。。。とほほ。。。。


その後

第二次世界大戦のころの歴史本を読むのが好きなんだ

とか熱く語りだしたので 


も、もう無理!と思って


「第二次世界大戦のチリはどうだったのか?」 


と切り返すと(返したつもり)



「こんなに人いなかったから」



であっさり終了。。。。



ふう。。。。く、苦しい戦いだった。




でもお願いだから左折の時とか、ベスプシオに入る右折の時に 数字の話投げるのやめてほしい





今日の教習所の教官セニョール ペドロ でした。

拍手[1回]

PR