忍者ブログ
21 October

音楽

チリの音楽事情はと言えば、とってもトっ散らかっている感じなんですけど

特にスペイン語の音楽ばっかりかというとそうでもなくて、

例えば、今日地下鉄の構内でかかっていたのはカイリーミノーグの新曲だったし

デパートではわりと80年代のポップス、ティアーズフォーフィアーズとかデュランデュランみたいな、そういうのかかっている時も多いし

かと思えば、スーパー行くと チャヤンだかニャヤンだかっていうチリでは有名?な男性歌手の歌がよくかかっているし

タクシーの運ちゃんはどうもマリアッチみたいなのが好きな人が多いのか、(あれは演歌的位置づけなのか)そういうのがかかっている場合が多い気がして

結構なんでもありなきがします。

今日乗ったタクシの中でかかっていたのは、ちょっとかっこいいなと思ったラジオで、サウンドとか歌い方のいいかげんな感じはベックなんだけど、スペイン語で
ラジオ局も途中でお笑いみたいなの入れてたり?なんかオサレな感じで
なんだオサレな局もあるのか、と思ったりしたのですが

そのくせ、不思議なことに?ブラジルの洋服やは結構あるのに、ブラジルのオサレポップはあんまり入ってきてないっぽいし、ジョアンジルベルトが聞こえてくるとかそういうことはなくて
ボサノバはこの国ではあんまり聞かない(あってもボサノバテイストのポリスとか)のだけど
でも町のスポーツジムのエアロビはものすごくサンバチックで ピーピーいいながらサンバ踊りまくっていて
(どうもズンバというのが日本人のママに人気のようで)

でも、たぶん一つ言い切れるのは日本に比べて

ハードロックとヘビメタの人気がいまだ健在

ということで

これはアルゼンチンでもうすら感じたんですけど

チリに来てから、電車の中にガンズアンドローゼスとかジューダスブリーストが来チリ公演するとかポスターが貼ってあって

え!あの人達まだ現役なの!?

とものすごく驚いたんですけど。

そんなわけで、チリの町にはヘビメタTシャツ来た売れないヘビメタバンドのローディみたいな人が結構いて

しかもそんな人がオサレな美容院で髪の毛を切っていたりして
しかも切られているんじゃなくて、切っている方だったりして

日本だったら絶対美容院にいないでしょ、あんた、っていう人が、ネイルとかやっている店にいるので

うーむ。と唸ってしまったのですが。

今日夕方ころいつも行くアプマンケのモールの前に、ギターを持ったヘビメタ兄ちゃんがいて、しかもこれがまた不思議な光景というか、日本ではあんまり見ない光景なんですけど

その兄ちゃんがベースラインだけ入ったBGMをかけながら演奏を一人でしてパフォーマンス?(よもや練習?)をしているわけですけど

その曲がおそらく、たぶん、なんですけど

whole lotta love

で、

でもどこにもロバートプラントがいないから

あの、 ”どどどどど ずずーずずずずん” というリフだけを繰りかえす曲を一曲演奏して

終わるという

なんとも言えないいや~な気分になる演奏を披露していました。そしてもちろんそれも全然うまくない。

いや、一人で演奏するならせめてもっとメロディアスなギターソロとかある曲やればいいのに

どうしてよりにもよってツェッペリンの、あれなわけ、と
いや、もっとディープパープルみたいなのとかあるでしょうよ、と思ったけど

あ、でもできないからジミーペイジなのか。。。

それでもたぶんアプマンケから家までずっとあたしも エア ロバートプラントになったことは言うまでもなく

それはそれで新しい音楽の形、、、、

なわけないですが。

そんなぬるいパフォーマンスが許されるのが いかにもチリって感じ。と思ったのでした。

拍手[0回]

PR