忍者ブログ
01 May

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25 December

ANTIQUE





店のカウンターの中のライトを探していたところ
ピント来るのがないなーと思っていましたら

ヤフオクでこんなライトを発見。一目ぼれして5000円で落札。


一応落札前にライトのシーリング部分はどうなってますか?と問い合わせたところ

まわしてカチっとするタイプになっているとのこと。


アンティークと書いてあったけど、まーなんちゃってアンティークかなと

まーアンティークじゃなくても5000円だし雰囲気が好きなのでいいかなと


で、届いたものを見てびっくり。



電球の部分が、その上の部分に今時のくるくる回して差し込むタイプじゃなくて、ポッチが飛び出てて引っ掛けるようになっていまして

正真正銘のアンティーク。ガラス部分はともかく、それ以外の留具の作りとかがどうみてもアンティーク。

コードと真鍮?の部分のつなぎ目にコルクが入ってたり。これっていつの物ですか?笑



とっても作りは可愛いのですが、とにもかくにも問題は

こんな電球売っている所をみたことない。。。。涙

たしかにシーリング部分は今時のシーリングなんですけども、、、、えーと。汗汗



店長も

「これ電球切れたら終わりじゃないですか、、、可愛いけど、、、、どうするの???」と半ば呆れ気味。





でも困った時は何事もネット検索。





ということで検索してみたら、なんと。このポッチリタイプの電球を扱っている電気屋さんを発見!!

こういう時のインターネットって本当に素晴らしい。

インターネットって、こういう大量生産に漏れたようなものを探すことが出来るようにしてくれたので
もしかすると古い技術とか、ほそぼそとでも残って欲しいものを残すのに何役も買ってくれてるわけで
(ユヤイもある意味そういう店ですが)

ビバ!ニッチでロングテールなマーケット!

そんなわけで
インターネットで見つけた、ポッチリタイプの電球はアサヒというメーカーの電球らしく。ピン式というらしく、ヨーロッパ物のアンティークに使われているような電球なのだとか。


残念ながら今現在ついている電球は全くもってアンティークらしく、電球の大きさも見た感じも一緒というものは
発見できなかったのですが


とりあえずネットで電球を買えばこの葡萄柄のアンティークシェードを使えるということにはなりました。



それにしても

送料が高い。。。。涙

電球が高いのはご愛嬌ということで。

拍手[0回]

PR