忍者ブログ
01 September

9月

ついに9月になってしまいました。もう日本を出てから2か月半。早いような、そうでもないような。とにかくあんまり物事が進んていないような気がしていますが、それでも子供店長はぐいぐい大きくなっていると思う今日この頃です。

先週終わりから子供店長はこちらの保育園に行きはじめまして。

まだ彼女も完全になれたわけでなく、朝泣いてみたり機嫌よく行ってみたり、そうかと思うと登園拒否?みたいに靴を履くのを嫌がったり。ベビーカーに乗らなかったり。
1歳半ってこんなに賢いのか、と驚くばかりです。
しかももう1週間もこんなですから、結構粘り強いです。笑
それでも、10分も泣くとあきらめるんですけれどもね。

先日も、驚いたことがありまして。

保育園(sala-cunaというのですが)のお試し入園2日目の日、その日は一日私が隠れて見ている日だったのですが、朝から30分ほど泣いたり叫んだりしたあと、物を投げたりして、それは怒って大変だったんですけども
そのあとは割と機嫌よく遊んで。お絵かきしたり踊ったりして。
ひとしきり遊んだあと、給食が出たんですね。

そのクラス、2歳児くらいまでのクラスで6人くらい同じくらいのがいたのですが、見てましたら、驚くことにみんなちゃーんと座って、スプーンで自力でごはんを食べていまして。

どういうわけか、チリの子供はずいぶん長い間完全に流動食を食べているのですが、(日本の場合7か月くらいから離乳食を初めて、1歳過ぎるとかなり固形物を食べるようになるのですけどチリだと1歳半でもドロドロを食べている)そのスープ状のものを上手に行儀よくスプーンですくって食べているので、とてもびっくりしまして。

日本だと手づかみ食べっていうのを推進していたという経緯もあり、それから、基本的に形状のあるものを出していることが多いので、うちの子はまだ手づかみでむしゃむしゃと食べてまして。
なのでアシスタントの先生につきっきりで面倒見てもらって汚し放題汚して給食を食べてたので
アーこれは困ったな、と思ったんですけども。

で、その夜、いつものようにご飯を食べるとき、スプーンを出して、スプーンで食べるんだよ、と促したわけです。手づかみでも食べてましたけど、手じゃなくて、スプーンで食べるんだよ、と。
サラクナでみんなスプーンで食べてたでしょ。なんていいながら。


そうしましたら、次の日、保育園お迎えに行きましたら、先生に

今日はスプーンで一人で全部食べましたよ、と言われたんですよ。ひいい!

やればできたんですね。。。。すみません。全く知りませんでした。全然やらせてあげられてませんでした。


いやー、すごい。困った。親が全くついて行けてません。

それにこの間まで公園でスペイン語で話しかけられると、ちょっとワカラン、といような顔をして、いたのですが
保育園行くようになって、今日公園行きましたら、なんか話してるじゃないですか。
いや、全くもちろんスペイン語じゃないですよ。宇宙語ですけど。

でも正面から、コミュニケーション取れてるみたいなんですよ。すごいなー、保育園。
まだ1週間しか行ってないのに、めきめき成長してます。

母も頑張らなければ。


at parque del inka 2

とにかくワンワンが大好きです。野良犬にも走っていくのでびくびくします。
(この犬は野良ではない)

拍手[1回]

PR