忍者ブログ
03 February

蜂蜜そむりえ

ワインに品種があって、それによって料理や美味しく感じる気候やらがある、ということを勉強すると
何故か色んなものの種類を試してみたい という欲がわくもので
もちろん日本酒だってそうですけれども

でも日々の台所を預かるシュフ・ザ・シェフとしては
手軽に楽しめて、絶対に使いきれる(ここポイント)
そしてお値段も手ごろな
塩や砂糖、それから醤油、味噌なんてものに
どうしても興味が傾きます。

そんなわけで、この間ちょっとためし買いしてみたのが、蜂蜜です。

蜂蜜は取る花の種類によって、かなり差があるということを読みまして
これは面白い。まずお試しだ、とお試しセットを片っ端から買いまして
9種類ほど蜂蜜を集めてテイスティングしてみました。

(国産と輸入が混ざっています。れんげとかみかんは国産、クリームクローバーが外国人だったような。)

百花
みかん 
れんげ 
アカシア
クリームクローバー 
菜の花
ローズマリー
コーヒー
そば

まず百花ですが、色々な花がまざった、アッサンブラージュものですが、香りが一番華やかで紅茶に入れると ぱ~っとお花畑に入れたみたいになります。
逆にコーヒーに入れると、香りが喧嘩して、向きません。
パンにつけるとお菓子なかんじです。セレブ気分です。

みかんは爽やか 香り抑え目でお菓子にあいそう。よくも悪くも特徴が弱い。
れんげは子供の時に食べた蜂蜜の味わい。香りもやさしい。味わいも濃厚。
アカシアは華やかさと爽やかさがあって、高級感を感じる万能受けする美人さん。

クリームクローバーは見た目からちがって、白く最初からにごったかんじで、でもパンにつけたときの濃厚さは一番。

と、ここまではまだ普通の蜂蜜ですが、ここからはかなり個性派ぞろい

菜の花は香りは控えめなんだけど、なんかすこし油っぽいかんじ?なんというか、どうもパンや紅茶にあわせると、独特の風味があって、他の蜂蜜には勝てないかんじ。料理でレシピを探したほうがいいかも。

ローズマリー 完全にローズマリーの香りがする。(笑 ので紅茶やコーヒーには向かない。
鳥でも焼くときに塗るか。。。というかんじ。

コーヒー この蜂蜜は、香りは少し香ばしいくらいで、味わいもふーん ってかんじなんだけど コーヒーに入れると マリアージュな飛び出す旨さ。コーヒーの味わいを立体化します。

で、最後のそばなんですけれども

そばの蜂蜜はコゲたかんじの醤油のような独特な香りがあって、蜂蜜自体も黒くて、まったく普通のレシピだと美味しくないです。恐ろしいほどアクの強いキャラクターです。

というわけで

本日みたらし団子のタレとして、食べてみるべく、団子をつくってみましたが

みたらしに入れてなお自己主張をされて
みたらしが負けているしまつ。

おそるべし。そば蜂蜜。強敵現る。

これは減らないかもしらん。 


拍手[0回]

PR