忍者ブログ
02 June

Autoescuela 自動車教習所

昨日オーダーしていた眼鏡が出来上がってきまして。

眼鏡は、私のお気に入りのB級だけど結構使い勝手がいいモール、アプマンケの中の格安眼鏡屋で
結局5万ペソ(およそ8000円)で作りました。
あまりにも他が高いので、運転用と割り切ったショウヘイちゃんみたいな眼鏡です。笑


結局眼科で検査してもらって、その結果をもって行かなくちゃいけなかったのですが
その眼科の結果も両目-6みたいなそんな簡単な指示だけで


日本だったら乱視とか、目の黒目の位置(距離?)とかも測ったと思うし、あたし乱視のはずだったのだけど
とにかくそういうのは無し。大丈夫なんだろうか。。。。

やっぱり眼鏡は日本でつくるに限ります。


というわけで、出来上がった眼鏡は、まあそれなりでした。


私はものすごく目が悪いので、もうレーシックとかも考えてたのですが、まだ悪くなり続けている人はレーシックの対象外だそうで、
しかももう少ししたら 今度は近いものが見えにくくなるよ、とかいらないこと言われました。

もう老眼かい!


・・・


と、ともかく、気を取り直してさっそく今日 教習所の申込みに行ってきました。

3回 1時間半のセオリーを受講して
14回 45分 乗るコース が、教本とCDついて89000ペソ。先月よりさらに1万ペソ値下げ!!!笑


ちょうど幼稚園と家の間にある教習所なので、幼稚園に彼女を送って、その帰り1時間寄って帰ってくる、っていう感じなんですけれども。

7月から難しくなると言われていたテストについては、たぶん9月ころになるんじゃないか、と学校の人の弁。
確実に 問題が増えることは決まっているらしいんだけど、まだその新しい問題集が学校に来てないので
7月は無いだろう、とのこと。


その言葉を信じてみるよ。。。。


ところで、今日申し込んだ後の帰り道に気が付いたんですけど

チリの教習所って、教習する場所がないんですね。

自分が免許持ちなので全然気が付かなかったのですけど



あれっていきなり路上出てますよね????



いきなり4速ギアつきで路上。。。



路上教習って言葉すらないんだってことに気が付きました。笑



教官って命がけですね。。。。


いや、それより、いきなり路上で14時間乗って、チリの運転免許のテストのパス率?90%とかそういう誰でも受かるものらしいんです。どうりでみんなめちゃくちゃ運転下手なわけです。


ヘタというより、とにかくみんな本当に赤信号でもふっつーに車通ってなかったら無視していきますからね。

わたし冗談抜きに、店長に
「チリの赤信号って任意?」

って聞いたくらいみんな信号とか一方通行のサインとか守りませんから。。。


運転する人だけじゃなくて、歩く人も気をつけないと、本当に危険なんです。。。。

右と左間違えそうな、言葉のわからない日本人の教官可哀そう、とおもったけど
あたしなんてきっとものすごくマシなほうに違いない、となんか無駄な自信に満ち溢れてきました。笑


(ちなみに路上のコースは、ケネディからビルバオ、ベスプシオからロスドミニコスまで、ってかんじだということなので、高速以外のラスコンデス全域なのかな、と思います。できれば高速もやってほしかったけど、教官も死にたくないか。。。)


拍手[1回]

PR