忍者ブログ
29 February

RUT   RUT

チリにはあった方がいい、というか生活するのに無いと困るものが二つあります。

1つは自動車免許で

もう1つはRUTと呼ばれる番号です。

免許は言わずもがな、ですが

RUTというのは、日本人にはなじみがないのですが、ようは国民ひとりひとりに振られる番号で
カルネという身分証明書に記載されてるのですが

チリではこの、RUTというものをなんにでも使います。本当にこれがないと、なんもできないのです。

例えば、もちろん病院に行くとRUTを聞かれます。(ない場合はパスポート>仮RUTで代用したり)
銀行口座もRUTがないと開けられません。このRUTで税金とか年金とかの全てを管理しています。

そんな公の物だけではありません。

もちろん、不動産借りたり、車買ったり、する時にはRUTが必要ですし

例えば、宅配便の受け取りにもRUTが聞かれますし、

もっとどうでもいいことだと、スーパーとか、お店のポイントを貯めるのには、カードとかは無くて、このRUTの番号で管理しているので

最初なんだあれ?と思った光景は
スーパーのレジに並んでいると、やたらとみんな
23456715-5みたいな番号を口でいっているので(桁数あってないかも)
何かと思ったら、それはみんなRUTで、要はスーパーのレジで自分のRUTをレジの人に伝えると、その場でポイントを付けてくれる、というようなことでした。

あたしから見ると、そんな大事な番号を、大声でレジで言いあげるのって、個人情報とか大丈夫なの?とか
それ誰かが聞いてたら悪用されないの?とか思ってしまうのですが。笑

でも、例えば、インターネットのちょっとしたサイトの会員登録しようとしてもRUTがないとダメだったり
いちいちRUTがないと、人間扱いされないので不便でした。

仮に、チリにTSUTAYAがあったら、RUTがなかったらDVDも貸してもらえないと思います。(ないけど)

そんなわけで、普通チリに駐在で来られる方は日本でその辺の手続きをしてくるのだと思うのですが

その辺の手筈が悪かったフナヨチームは、チリに来て8か月、ようやくこのRUTを手にすることが出来ました。
(ツーリストビザだとRUTはないのです。テンポラリービザへの書き換えが完了したのでRUTがもらえました)

これでようやく、スーパージュンボのポイントが貯められるように。。。。

と思ったんですが

まだ自分のRUTをスペイン語で覚えらてないので、いっつもポイント?と聞かれると、ノーと言ってしまう
弱い私なのでした。

長すぎるんですよ。。。。。涙

拍手[3回]

PR