忍者ブログ
26 October

上級 avanzado

あ!
 
 
というまに10月も終わり。。。。すっかり滞ったブログの更新でありますが。
 
だいたいここ1か月なんだか色々忙しい1か月でした。
 
9月はディエシオチョ(チリの建国記念日)あり、その付近は連休なので、チリのゴールデンウィークと化すのですが、そんなわけで子供がずっと家にいたり
 
ディエシオチョに合わせて日本人のパートナー企業の方の滞在があったり
 
その方達のアテンドで店長が出張続きで、いなかったりー
 
 
それから再度出張の人が来てまたサンチャゴの滞在があったりー
 
 
なんだかんだ我が家でご飯食べたりー
 
 
お誕生会があったりー
 
 
お誕生会があったりー
 
 
サンチャゴにできた噂の100キンショップを見てきたりー
 
 
 
というイベントの間
 
 
スペイン語の授業が”上級”になってもう全然ついて行けなくなったり。。。。ははは。。。。。
 
 
 
 
 
そんなこんなで
 
 
スペイン語の学校は上級1の途中ですが、とりあえずグループレッスンは一旦卒業することにしました。
ちなみにクラスは上級ですが、本人達は全く上級じゃありません。
 
どれくらい上級じゃないかというと
 
上級になったばっかりだったころ、
”僕たちのレベルって今どの辺かな DELE(というスペイン語の英検みたいなのがある)B2くらいかな?Cはまだちょっと遠いかな”
 
とかいい気になってた同じクラスのフランス人が
実際に授業中に出されたミニテストの問題がCのなんだかの問題だったらしく、もう全然しっちゃかめっちゃかで
 
結局
 
”僕たちはAだわ。ははは。。。。”
 
と力なく笑って開き直ったくらい、のレベルです。
 
 
それでもフランス人の彼はレベルが上に行けばいくほど楽みたいで、というのも、難しい単語ほどフランス語に似ていくので、見れば大体のことは理解できる、という感じみたいなのですが
 
一方日本人はというと、上に行けばいくほど
もうひたすら語彙が足りない地獄にはまっていき
 
それでも中級くらいまでは文法メインだったので、なんとか語彙もそんなに増えなかったので、ギリギリついていくことができたのですが
 
上級になるといきなりイディオマみたいな使い回しとかをひたすら覚えていくような教科書だとか
 
 
宿題と称してものすごい長文読解とかさせられるので
 
ようするにもう全然どう考えても単語が足りなくて
 
しかもヨーロッパ人や英語人とこれについて渡り合えるわけなく
 
 
 
もはや脳みそのしわに1語のスペイン語の入る隙間がないという状態
 
 
 
湧き上がる単語温泉かけ流し状態になっておりまして。。。。
 
 
 
 
 
 
なのでここからは自分のペースでとにかく語彙を増やすよ大作戦で行くことにしました。
 
まずは脳みそのしわをヨウジでほじくるところから始めます。
 
 
 
それにここからはユヤイ繁忙期ですから。
 
お仕事もしないといけませんしー。
 
そろそろ子の学校も決めていかないといけないですし。
 
 
でも、学校についてはだいぶ方向性が見えてきたので
 
来週くらいから、学校見学に行ったり、行ってる人の生の声を聞きに行って来たりしてくるつもりです。
 
 
 

拍手[2回]

PR