忍者ブログ
19 July

もったいないダンボール

ネット通販のワイン屋をやるようになって、実はいくつか非常に悩ましいことがあります。
中でも今もっとも頭を痛めているのは、箱の問題です。

私、非常にめんどくさがりです。
特にゴミ捨てって本当にめんどくさいですよね。うちのあたりでは燃えるゴミと燃えないごみと、資源ゴミの日があって、資源の日だけゴミ回収車がくるのが異様に早いんです。
だから自分がお客さん側でネットでショッピングするとき、一番気になるのが箱と梱包の形状なんです。
できればゴミは少ないほうがいいですよね。

うちの場合ワインは6本箱と12本箱で買っていただくお客様がほとんどです。
そして箱は意外に高いんですよ!ほんとに。
ワイン用の箱ってスリーブ(ダンボールの厚さ)が厚いし、仕切りもあるから結構高いんです。

それを毎回送っても、お客さんだってゴミだし捨てるしかないわけで、もったいないから嫌だって思う方もいらっしゃるはずなんです。

うちだってできれば回収して再利用したい。
でも回収したら間違いなくダンボール代より回収費用のほうがかかってしまう。
これって非常に難しい問題です。

来月からユヤイは輸入箱(新しい箱じゃなくて、ワインが入って来る箱)や、リサイクル箱で発送を始めようと思っています。
その代わりリサイクル箱を希望してくれる方には少しポイントを還元したいなと。

でも究極をいえば、どこか大手の流通メーカーに折りたたんで小さくなるリサイクルできる箱を開発して欲しいなと思うのです。
たとえばプーっと膨らまして12本箱として使えて、利用したあとは空気を抜いてたたんで送り返してもらえるようなそんな箱。

いつかそんな箱を発明してくれればいいのに。
黒猫さんとか。飛脚さんとか。

拍手[0回]

PR