忍者ブログ
14 January

噛む子 mordedor

去年の年末、子供店長のサラクナ(保育園)で、子供の噛み癖についての講義がありまして

そのサラクナでは、ほかにも”子供の性教育”(!?早!)とか、”学校について”とか、色々な親向けの講義をやってくれるのですが

その中で噛み癖は、言葉が始まる前、伝えたいことがあるのに伝わらない時に一番多い

ということを言っていまして。


で、振り返ってうちの子供店長ですが、バイリンガル環境に早く投げ込み過ぎたのか、いまだにまともに言葉が出て来てなくて、ちょっと心配している今日この頃。

大体2歳くらいだと単語200語だとか、2語話すとか言いますが、1歳10か月過ぎてまだ自分の名前も言えないくらいで、サラクナの同じ3月生まれのコロンバという女の子が、やたらに言葉が早く ”子供店長~!” ”子供店長のママ~!”と、すごい勢いで話すので、

あーうちの子、もしかしたらサラクナで噛みつきっ子になったりしないか。

と少々心配してました。


そうしてましたら、最近、どうも子供店長の体に噛みつき痕がついている日がちょろちょろありまして

そういう時にはサラクナのティア(保育園の先生)が、”今日ここ噛みつかれちゃって、泣きました”とか、報告してくれて、一応薬とか塗ってくれてたりするのだけど

でも、誰が噛みついた、っていうのは言ってくれなくて

まあ、それはたぶん親同士が”あの子がかみつく子よ!”とか思わないように、だと思ってたんだけど

でもうちの場合、子供店長も噛みついてるかもしれないしな、、、とそっちのほうが不安で
あと子供店長はすぐ人の物を面白がって取り上げたりする、どちらかというとヤンチャな子なので
まあ少しくらい噛みつかれても、自業自得なところもあるのだろう、とさほど心配してなかったのだけど

昨日サラクナに迎えに行ったら、同じクラスのちょっと小さい子(たぶん1歳ちょいすぎくらい)の親が園長に何か抗議じゃないけど、珍しく真剣な顔で話をしているので
近くにいたティアに 「何か問題が?」と聞いてみたら
「かみつく子がいて、、、」みたいな反応。

スペイン語がわからないのであれなんだけど、どうも子供店長もいつもその子に噛まれてるっぽいこと
子供店長は噛みつく子ではないけど、たまに(やりかえして?)噛むこともあること(やっぱり 汗)
がわかったのだけど
でも結局、どの子が噛みつく子なのかはわからずじまい。


でもなんだかどの子かだんだん気になってきた私。

それまでは勝手に ”ハンニバル”という子だと思っていたんだけど(名前が名前だけに 笑)
いや、でもハンニバルは遅いから、あの子だったら子供店長が負けるはずないし
うーん。誰だろう。と
そんなに気にしてなかったけど、問題視されてる様子をみて
だんだん気になり始めたわけで。

で、帰って、子供店長に
「誰に噛まれた? イニャーキ?コロンバ?ハンニバル?イサベラ?」
と適当に自分の知る子供の名前を並べてみたものの

うんうん、シーシーと、相槌を打つものの、よくわからず。

んもー。やっぱ通じてないか。と思ったのだけど

もしかして、と思って

この間取った保育園のクラスの集合写真を見せて

「”誰にガブってやられたの?誰に噛まれた?噛みつく子はどの子?」

って聞いてみましたら

これがもう1点の迷いもなく、ビシッと

コロンバの顔を指さしたのでした。

そして自分の腕を噛みつく真似をしながら ”そうそう、この子が噛みつくの”、って顔で 私に訴えかけたのでした。

なんだ、やっぱり話せないけど、言葉理解してるじゃん、と、わが子の理解力にちょっとほっとしつつ

クラスで一番体大きくて、力も強くて言葉もすごく進んでいるし、頭もいい(ように見える)コロンバが噛みつくのかー

それはちょっと問題だなー

だって犬に例えると、うちの子が柴でコロンバはハスキーくらいの感じだしなー
しかもうちの子はまだほぼ同じ年だけど、1歳ちょっとの子の親はそれは怒るよなー


と噛まれている子達がちょっと不憫になったのでした。

拍手[0回]

PR