忍者ブログ
02 October

不可解な営業

とある本当にいる営業の人の話。(男性)

その方、あるワイン輸入会社の営業の人なんですが、おそらく年のころは20-30代。声のトーンは割りと若め。

既に取引のある大手輸入会社の、前任者(普通のいい人)から引き継いだらしき人。

まず最初に電話かけてきた時からそもそも無礼で、

営 「社長いらっしゃいますか?」
ふ 「ちょっと出ていていないのですが、どのようなご用件ですか?」
営 「新しい商品や価格についてご紹介したいものがありまして、、、何時ごろ戻られますか?」
ふ 「今日はわからないので、カタログかみつもりでもメールかファックスしてもらえますか?見せておきますので」
営 「あ、でも新しい商品なので、(なんかぶつぶつ)」
ふ 「なんていうワインですか?」
営 「○×とか、、、」
ふ 「それ、すでにお取扱させてもらってますけど。。。」

というかんじで、結局なんだかんだ、どうしても社長と話したい、みたいなことを言って、メールしますというので
こっちも、あっそうですか、という感じだったのですが。

で、後日、この人メールで店長にメールしてきて

ただの、ワインリストと、新しい価格表を送ってきただけでした。
しかも新しいアイテムじゃなくて、既に取り扱っているワインの、値下げのお知らせです。


ところで、ユヤイの場合、新しい輸入ワインや、アイテム決めならともかく
リピートオーダーを発注したりというのは、あたしの仕事です。在庫管理も経理もあたしの仕事なので。

店長は輸入ワインの選定やら、コンテナの手配やら、PV商品の開発や、ユヤイの記事を書いたり、資料を作ったりなんだりと忙しいので、ユヤイは完全に分業制になっています。

なので、この不可解な営業の人に、店長が
「今後はこれはユヤイの国内仕入れの担当はフナヨですので、そちらにメールするようにお願いします」
とわざわざメールしました。

なんですが

この人何故か相変わらず、店長のメールにしか、営業メールを送ってきません。
電話でも一切私には話しません。店長と話したいの一点張りです。

ちなみに、店長のアドレスに来るメールは私も見える設定になっているので、営業メールが来ているのは分かっています。

でも、なんとしてもこの営業の人はあたし宛に送ってこないので、あたしも無視しています。
店長も、私の係だと言ってあるので、返事しません。

はっきり言って、こうなってくると私の権限で、もはや意地でも発注したくありません。
(でもワインは悪くないので、結局は発注すると思うんだけど、どうしても後回しになる)

先日も、まーた電話してきたのですが、店長いますか、の一点張りで、全く私に内容を話しません。
社長にメールするから、いいです、みたいな対応です。

なので、私もいません、いつ戻るか分かりません、みたいな対応です。

で、店長にしか見せたくないらしき??彼の営業メールをみたら、
なんのことはない、ただの普通のワインリストです。

はあ??????って感じです。


全くもって不可解です。

世の中にはいまだにアホみたいな男尊女卑を平気でやってのける男性がいます。

もしくはゲイで、どうしても男と仕事したい人なのではないか、とか、すざまじいトラウマを抱えていて、精神的に女と仕事ができない病のある人なんじゃないかとか考えてしまいます。

あんまりにも失礼なので、その会社の上の人に、うちの担当の営業を変えてもらうように言おうか、
と あたしがブーブー言っていると

店長が一言


「じゃあフナヨさんを社長にしようか。そしたら仕事しやすいでしょ」


「・・・・・・・・・・・・・」


それはそれで、全く持ってやりにくくなるから本当にそれだけはやめて下さい。

拍手[0回]

PR