忍者ブログ
20 October

マーケティングは難しい

今日ワインを注文いただいたお客様よりお電話がありまして
難しいなあ~~と思ったことがありました


このお客様、昔からの私の知り合いで、お二人の女性の方で共同購入をしていただいて、
Aさんという女性から、以前セットで入っていたアナケナがすごく美味しかったので、それを4本と、残りを2本私のオススメを入れて欲しいという
ご注文をいただきました。

AさんはそれをBさんという人と二人で半分ずつ共同購入にしたそうです。

Aさんはワインの値段を知っていたのだと思うのですが、
BさんはAさんが頼んだワインを半分貰うという約束だったようで
そのワインについて何も聞いていなかったのですね

Bさんが納品書を見てびっくりして電話をかけてこられました

「あのアナケナというワインは1000円もしないけど、料理用なんじゃないの?」

もちろんそんなことはありません
お料理に使ってもらってもかまいませんけども。(笑


Bさんはワインが好きなお友達と飲むつもりだったそうなのですが、
そのお友達が持ってくるワインがいつも2000-3000円のワインなのに
このワインは980円って書いてあるけど、大丈夫?

っていうお問い合わせだったんですね

なるほどー と思いました

あたしはとりあえず、まだ飲まれていないということでしたので
アナケナはコストパフォーマンスがいいチリワインの中でも、特にコストパフォーマンスがすごくいい普段のお食事にちょうどいい素直なワインだということや、ワイン会ではもう少しデイリーではない、ワインを飲まれてるのかもしれませんね。どこの国の3000円台のワインですか?
などというようなことを話したあと、飲んでみてもし問題があれば
連絡をいただくということで納得していただきました。


んー本当に難しいですね。ワインって。(笑

Bさんはお酒がすごく好きな方で、共同購入するくらいワインを飲まれるような方なのに、そんな方でも値段でしかどんなワインか想像がつかないような難しさがあり。

でもどこの国のどの3000円なのか、1000円なのかでまた話は全然違ってくるんですが、それは分かりづらいし。

誰と飲むか、どういうシチュエーションで飲むか
お客様によってワインに望んでいるものがみんな違うんですよねえ。。

安いからって料理用だと思って飲まれたら、美味しくても美味しく感じないですよね。
逆に何万もすれば美味しくなくても 美味しく感じるかもしれない。


値上げしたほうがいいのか チリワイン?って思いました。
まあ、それはうちが勝手に決められることではないんですけど(笑

でも確かにチリワインは為替の影響もあってクオリティに対しての価格は低いと思います。それ以外の要素(例えばブランドとか、ボトルのクオリティとかルックスとか木箱のクオリティとか)ももちろんありますので
一概に安い!とは言いませんが
でも安いからといってクオリティが低いと思われてしまうのは
非常に残念なことです。



ブログランキングバナー
クリック↑で応援アリガト(^з^)-☆Chu!! ございます 



拍手[0回]

PR